スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/10&11

土日はV1城でボードゲーム。

主に、粥さんの買ったDUSTというゲームを遊んでました。
ユニットを生産し、それを使って進攻して支配を広げていくゲーム。
この手のゲームって、戦力差ができると覆すのは厳しいカンジになると思うんですが、このゲームはそうじゃない。毎ターン、行動指針を決めるカードを一枚出すのですが、そのカードに付随する特殊能力に結構ヤバいのが多く、多少の戦力差など軽くひっくり返せます。
出目も、偏るとかなりのものですし。
なかなかの良ゲーム。
ミニチュアゲームのダストタクティクスにも興味が沸いて来ました。

土曜はダストを2戦やりました。
両方スタートダッシュに失敗し、他と差がある状態から追うカンジ。
だけどどちらのバトルでも、後半うまく盛り返し、同時に目標達成の2位に。
2戦目は単独1位の目もあったんですけどねー。

日曜は、まずは3人でチャイナタウン。
モノポリーみたいな、土地投資中心の交渉ゲーム。
ルール聞いた段階で少しヤバい気がしてましたが、やっぱりV1ALさんの独壇場ってカンジに。
最終ターンに粥さんと談合して、お互い最大利益を得るも、追いつかず。
これは交渉力・計算力の差が大きく出ますね~。

続いて、4人でダスト。
途中まではいいカンジで進められてたんですが、途中で3位なのに1位から攻撃をくらって、一気に戦力ダウン。その後の逆転狙いの一手も失敗し、圧倒的最下位に。

最後にドミニオン。
デッキ圧縮で序盤から属州を買いまくる粥さんと、市場を大量購入して中盤に属州を連続買いしたざんじの一騎打ちな状況。
終盤は研究所連打でV1ALさんが追い上げてくるが届かず、僅差でざんじが1位に。

てなカンジで遊びまくりましたよ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://zanji777.blog40.fc2.com/tb.php/984-eef6f6e1

コメント

ダストタクティクスは、つい先日、再び取り扱いがFFGに戻るというアナウンスがされましたね。今夏発売予定だったのですが、この会社移籍で伸びたりしないか心配であります。
まあ、FFGのほうが供給については安心ではあるんですが。
>独酌さん
買ったらレビューよろ!w
ボードゲームを作った人がルール考えてるなら、かなり面白くなりそうですよ。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。