スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AT-43編成の仕方

AT-43は、他のミニチュアゲームに比べて編成ルールが複雑です。
ちょっと解説をば。

まずはポイント制限。
カンパニーのポイントをお互い合わせる必要があります。
ユニットのポイントの合計が、決められたポイントをオーバーしてはいけません。
これはどのミニチュアゲームでも一緒ですね。ウォーハンマーの旧版のように、少しくらいならオーバーしても構わない、なんてルールはありませんw

続いて、編成パターンの選択。
どのタイプを選ぶかによって、プラトゥーンの編成制限が変わる他、有利なルールや不利なルールが付加されるものもあります。
初めのうちは、特殊ルールのない基本パターンを選ぶと良いのではないでしょうか。

プラトゥーンは5ユニットで構成され、それぞれどの兵種を使うことができるかが決まっています。
まず、!が付いている所のユニットを選択する必要があります。2つめ以降は、どこから使っても大丈夫。
5ユニット埋めたら、また一からプラトゥーンを作っていきます。この繰り返しです。
偶数番目のプラトゥーンは、ONIにすることもできます。

兵種は、ソルジャー、サポートユニット、コンバットストライダー、ビークル、の4種に分類されます。カードにマークが書いてあります。
前二つを総称してインファントリー、後ろ二つをアーマードファイティングビークル(AFV)と呼びます。
星の数はタイプを表します。

ユニットの構成は、支払うポイントによって変わります。
スタンダードナンバーまたはマキシマムナンバーのポイントを支払うとそれに応じて、ユニットの総人数・スペシャリストの人数・スペシャルウェポンの数等が決まります。
エクストラファイターは、兵1人分のポイントです。スタンダードとマキシマムの間の人数にする時や、オフィサーのナンバーボーナス分マキシマムより増やす時等に使用します。
スペシャリストが複数選択できる場合、好きな組み合わせで編成できます。
スペシャルウェポンが複数選択できる場合、一種類に統一する必要があります。
いくつかのユニットは、追加コストを払ってオプションを付ける事ができます。その場合、ユニット単位でポイントを払えばOKです(人数分払う必要はない)。

ほとんどのユニットは、リーダーをオフィサーにアップグレードする事ができます。
オフィサーが率いるユニットは、起動にLPがかからなくなるので、なるべく多くのユニットにオフィサーがいた方が良いです。
最もランクの高いオフィサーが、カンパニーコマンダーとなり、オーソリティやLPの値を使用できるようになります。
ランク5のオフィサーは、カンパニーに1体しか入れる事ができません。
ランク4のオフィサーは、各プラトゥーンに1体しか入れる事ができません。

各アーミーには、名前付きのオフィサーがいます。これをヒーローと呼びます。
ヒーローは基本的に、カンパニーに各1体しか入れる事ができません。
徒歩のヒーローは、特定のインファントリーに追加して編成されます。名無しのオフィサーと違い、その分人数が増える事に注意。枠を追加で消費したりはしません。
AFVに搭乗したヒーローもいます。ほとんどの場合、単独で行動し、枠を消費します。AFVが破壊された後は、徒歩で単独行動します。

フロストバイトやダモクレスに、追加ユニットやオプションが色々載っています。
キャンペーン専用ルール以外は、いつでも使うことができます。

こんなとこですかねー。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://zanji777.blog40.fc2.com/tb.php/946-822360b5

コメント

AT-43とConfrontationのアーミー編成ソフトとして、フリーでこんなんがありますねー。
http://rcommunity.nazgulworld.com/
>独酌さん
このソフトにはお世話になってますよー。
後で編集しにくいのが欠点ですが、ちゃんとルール通りに組むことができて便利ですね。
最近は、ラッカムの公式サイトにも載ってたりします。
http://games.rackham-e.com/en/at-43/aides-de-jeu-/open-rct

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。