スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこにあるから

PA040014_convert_20091008183020.jpg
ざんじは海より山が好きで、湘南地区に住んでてもおいしい事は一つもないと思ってたんですが、近所の丹沢は初心者向けの山として人気があるという事を、つい最近知りました。
というわけで、日曜は大山(おおやま)に行って来ましたよ。主に水汲んで来いって言われたからじゃありませんがw
宗教色が強く、観光客が多いとのことで、登る前は高尾山みたいなヌルい山だろうという印象でした。
まあ実際家族連れが多く、幼稚園にも行ってなさそうな子が楽しそうに歩いてたりしたんで、難易度は低いんでしょうが・・・運動不足のざんじにはきつかったっすw

元々日曜に行くことは決めてたんですが、出発時間は決めてませんでした。近いし。
人混みが嫌いなので普通の時間は外して、ケーブルカーが動いていない早朝か、帰りが暗くなるよう昼過ぎに登り始めるつもりでした。
まあ当然のように寝坊しw、軽くゲームしてから昼ちょい前くらいに家を出ました。
途中で買い物してから伊勢原へ。ぎ郎でも食おうと思ってたんですが、どうやらお祭りがあるみたいで駅前が激混み。スルーして直接大山へ。
駐車場に車を置いて、名物の豆腐懐石を食してから、いざ登山。この時点で既に14時近く。

登山口まで結構な距離がある。初めは舗装された階段ばかりで、踊り場にはお土産屋が並ぶ。ケーブルカー駅に着いたあたりで既に萎え、ケーブルカーに乗る事に。
ケーブルカーを降りたのが14:26、すぐに阿夫利神社下社に到着。
PA040005_convert_20091008182500.jpg
おさい銭して道中の安全を祈願した後、神水を一口飲む。そこでは小銭を入れていく習慣のようなので、置いていく。山頂に向かう門の近くには、お祓い用の棒と賽銭箱が。もう一度安全祈願してからようやく登山開始。その他、ざんじがスルーした賽銭箱が10個くらい。ボり過ぎだろw
登山道は想像よりも急。
PA040006_convert_20091008182716.jpg
普段から運動しないざんじはすぐヘバり、10~15分登る度に休憩を入れるようなスローペース。だけど抜かれたのは一人にのみ。下山する人とすれ違う事は多かったけど。
15:30頃、体力が限界なので食事休憩。おにぎりは喉通らなそうなので、ウィダーインゼリーのみ。すぐに回復した。RPGの回復アイテムみたいだ。休憩中、近くでエンジン音がするので見渡してみたら、金属棒の上を一人乗りの荷台付き乗り物がゆっくり下ってる。頂上の小屋用かな?
その後少し登ると、鳥居発見。蛇に呪われそうw
PA040008_convert_20091008184051.jpg
16時に山頂到着。生憎の曇天で遠くまでは見渡せませんが、気持ちいい~。
PA040009_convert_20091008182909.jpg
持って来た水は飲み終えてしまったので、売店で何か買おうかと思ってたんだが、既に閉まってる。さっきの乗り物か・・・。
下りは別ルートへ。上りに比べてはるかに楽なので、休憩はほとんどなし。
途中、道を鹿が横切る。少し離れた所で何頭か固まってたんで、写真を撮ってみた。フラッシュ切るの忘れてたんで、鹿は驚いて逃げる。ゴメンねー。
PA040013_convert_20091008183519.jpg
しかし急な斜面でも素早く降りて行くなあ。鹿が降りられるからといって人馬で挑戦するとか絶対頭おかしいw
16:50頃、見晴台に到着。写真撮ったりおにぎり食ったりしてると、飛んでるヘリに手を振ってる人がいる。あまりに必死だったので、何が起きたのか聞いてみると、近くで滑落事故があった模様。その人は携帯で各所に連絡をつけていたが、PHSが圏外のざんじは特に何もできず、地図を出して現在地の確認をしたのみ。
しばらくして降りてみると、事故現場に到着。崖の途中の細い道で、確かに踏み外したら危険な場所。落ちた二人のうち一人は救出済みでした。小学生くらいの男の子で、顔と腹に擦り傷があったけど、意識ははっきりしてました。落ちたもう一人の父親の方は、呼びかけても返事がない危険な状態で、消防隊がロープを使って救出に行く所でした。素人にできる事はなさそうなので、そのまま下山。
後で調べてみたら、父親の方は亡くなられたようです。ご冥福をお祈りします。
17:30に二重社でちょっとだけ休憩し、あとはノンストップ。途中で結構な人数を抜く。ざんじは上りは平均以下だが下りは早いみたい。また、ほとんどの人はライトを持ってなかった模様。トラブルがなければ明るいうちに下山するつもりだったのでしょうが・・・既にケーブルカーも動いていない時間だったので、大変そうでした。
18:30に駐車場に到着。ソッコー帰って、家に着いたのが19時過ぎくらいだったかな?

初の単独登山でしたが、良い勉強になりました。
まずは、山をナメてはいけないって事ですね。何かトラブルがあった時に対処できるようになってないと。今回はざんじが現場に着いた時には遅かったですが、事前に何か準備をしておけば助けられる命もあるかもしれません。
今回うっかりタオルを持って行くのを忘れたんですが、汗だくになって辛かったです。帽子が布製だったので割と吸収してくれてまたマシでしたが・・・。
ライトは必須ですね。今回持って行ったのは電池4本使うLEDランタンで、重いから次は変えようと思ってたんですが、強力な明かりは暗い山道を歩くのに重宝しました。
ざんじは普段腕時計をしないので、登山用に安いのを買って行きました。すぐに時間を確認できて便利。肌が弱いので肌荒れとか心配してたんですが、問題ありませんでした。
逆に、コンパス・高度計・地図は、持って行ったもののほとんど使いませんでした。まあ迷った時専用ってことで、常備するつもりですが。
初めて履いた登山靴は、山道ではいいカンジでしたが、アスファルトの上では固すぎて歩き難かった。駐車場から登山口まで結構ある時は、途中までスニーカーかサンダルで行った方がいいかも? 今回は車に戻ったら即サンダルに履き替えました。
水は多めに持って行くべきですね。今回は1.5lくらいでしたが、全然足りなかった。
服は普段着でしたが、全然問題ないですね。よほど高い山を登る時でもない限り、専用のものは必要なさげ。
運動不足が祟って、月曜から水曜まで筋肉痛でした。もうちょっと鍛えてからじゃないと、他の山には登れないな・・・。
今回は初回だったので、行動表は作りませんでした。自分のペースもざっくり理解できたので、次は作ってから挑戦してみます。

ざっとこんなカンジ?
気が向いたらまたやってみようかと。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://zanji777.blog40.fc2.com/tb.php/880-250939e1

コメント

山好きとは知りませんでした。

今度、登山するなら誘ってくださいな♪

山頂で上手い煙草でも吸いましょう。
大山とはいいですな!

サイタマからだとカナガワの山は縁遠くて、うらやましいです。

オギさんの次に連絡待ってます。

俺も灰皿持って行くよ。

水は2Lデフォかと。

あとレモンうまいよレモン。

大山はマンガ「カブのイサキ」でも出てたね。

やっぱ豆腐らしいね。
>オギさん
子供の頃、親に連れられてちょっとした山を登ったことはありますが、自分で準備して行く登山は初めてですよ。雪山で滑るのはよくやってますけど。
オギさんと行くとなると、どの辺になりますかねえ。そっちの方は山ないですから・・・丹沢でもいいですか?
山頂で吸うタバコは格別ですよね。最近受動喫煙にうるさいんで、かなり気を使わなきゃですが。

>なるみさん
秩父山系も軽いものがいくつかあるんですよね?
もしかしたら近いうちにチャレンジするかもしれませんよ。
レモンって・・・かぶりつくんですか?
>登山靴
 登りと下りで紐の締め方変えると足の披露度が全然違いますよ~

>装備
 山の天気は結構変わりやすいので、新聞紙、ビニール袋、予備食料、雨具、タオルあたりは必須装備として持っていっておくほうが無難ですよ~
 風が強くなったり雨が降ったりすると急に寒くなって体温持ってかれるので、服は余分に持っていったほうが安全かもです。

 僕もめっきり体力落ちちゃってますが、今度登山する時は是非さそって下さい~
山と言えば!
大阪の天保山おすすめ!
標高4.53メートル! 即頂上と言うか平地!!
>sinさん
新聞紙って何に使うんですか? 防寒着なら持って行きましたが・・・。
sinさんと一緒に行くなら、やっぱ秩父とかですかねえ。

>SHADOW TIGERさん
踏んだらなくなりそうなw
でもミニチュアゲームで使う丘って、もっと低いんですよね・・・。
新聞紙は寒さに耐えきれない最後の手段かとw

御岳山辺りは、軽くていいっすよ。

丹沢は気になりますので、お任せします。
水汲んでこなかったのかと書こうと思ったら先回りされてましたね(笑)。

ざんじさんが山好きだとは知りませんでしたね~
思い返してみれば、以前広島に来られた時も宮島の弥山に登られてましたもんねー
僕も海より山派ですね。小中学生の頃とかキャンプ大好きでした。
潮の匂いはどうも・・・

しかし、帰り30分とか超近いですね。
僕もそのうちヌルイ(らしい)高尾山からチャレンジしてみたいところです。
>オギさん
御岳山あたりなら、お互いほどほどに近いカンジですかね。
すぐ上りきっちゃいそうですけどw

>卵帝さん
今丹沢の話をすれば絶対そこ突いてくるだろうと。あれは一泊してたんで、もっと奥地でしょうね~。
そういや弥山も単独登山でしたな。無計画に旅行用のバッグ持ったままw
高尾山は、へたな街中よりはるかに人が多くて、行列で歩くハメになるので、登山ってカンジはしませんよ? 子供の頃行った記憶ですが。
登山とは素敵ですね~。ウチの通った山の上の大学は、野生の鹿とか猿が出てきてたんですが、それを思い出しました。

ウチも文明の利器に頼りだしてから、急激に体力がなくなったので、山登りは大概ヘロヘロですw
>W-nghitmareさん
大学で野生動物と触れ合えるってすごいなー。
ざんじは昔から体力ないので、山登りとか実は超不安だったんですが、意外となんとかなるものですね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。