スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D&D

11/23はRebisさんのD&Dキャンペーンに参加してきました~。
1年ぶりのセッションということで、ルールもストーリーもほとんど忘れてましたが、ちょっとやったらすぐ思い出していって熱くなりました。やはりTRPGは面白い!

今回からは新展開。世界征服を企む悪の帝国の野望を打ち砕くのが目的。
帝国が占領した国に忍び込み、盗まれたドラゴンの卵を奪い返そう、というストーリーでした。
その国は魔法と機械が共存していて、内部で手引きをしてくれたNPCが歩く度にアースクエイクって言いそうなモデルだったり、町中をウォージャックが行進してたりと、一部のプレイヤーが大喜びしてましたw
てか、その行進は囚人の護送だったんですが、我がパーティは隠密行動中ということで、特に戦闘をするわけでもなく見送りました。DMはこの1シーンの為に、ウォージャック・ドラコニアン・ホブゴブリン・ブラックオーク・謎の小型生物等、総勢30体以上のミニチュアを並べてくれたわけで、さすがRebisキャンペーンといった臨場感でした。写真撮り忘れたのが悔やまれる。
その後、護送先に潜入したのですが、そこの守り手が強かった。ファングドラゴンが1体だけだったのですが、最高クラスまで成長した老ドラゴンで、高い移動力とテレポートを駆使して手玉に取る戦術で、歴戦の勇者である我がパーティもあたふたしてました。しかもConドレインという厄介な能力もあり、リソースをほとんど使って何とか倒すという激戦でした。
そこに囚われていたNPCから情報を得て、この街の支配者の所にテレポートでカチコミといういつもの流れ。そこにはボスの5つ首のドラゴンとウォージャック2体。ドラゴンはプリーストの上に5つの首がそれぞれ魔法使ったりブレス吐いたりとかなりの強敵でしたが、味方モンクのスタン攻撃でひるんだところに集中攻撃で、意外とあっさり倒すことができました(写真)。
ウォージャックの方は、ざんじキャラの超能力攻撃に巻き込まれて壊れたりとあまり良いところがなくて残念。もうちょい低レベル時に戦いたかったなあ。
卵を取り戻してとりあえずの目的は果たしたわけですが、いよいよ悪の帝国が多方面から本格的な侵攻を開始し、どの方面から対処するか(または本丸にカチコミするかw)、非常に悩ましい所です。次回も楽しみ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://zanji777.blog40.fc2.com/tb.php/75-688702ab

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。