スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W&H攻略 ノックダウン

ウォ-マシン&ホード攻略記事2発目~
今回はノックダウン(KD)について。

KDさせられると、接近戦攻撃が自動ヒットし射撃にはDEF5扱いになる上、次のターン移動かアクションを放棄する、非常に強力な状態異常です。DEFの高い相手も転ばせてしまえば簡単に攻撃を当てることができますし、接近戦しか能がないモデルを転ばせた上に離れていると移動しかできず次ターンの被害が少なくて済みます。
しかし強力な割には、かなり簡単にKDさせることができます。
KDを使いこなせるかどうかが勝負のカギを握るのです。って誰かが言ってました^^

ヘッドバット
KDさせる方法として真っ先に思いつくのが、パワーアタックのヘッドバットでしょう。
単純に目の前でKDするので、追加攻撃で一気にダメージを与える可能性があります。
しかしヘッドバットはアタックロールにペナルティがかかるので、DEFの高い相手に効き辛いという欠点があります。

スラム、スロー
これらのパワーアタックは相手を移動させるので、追加攻撃ができない反面、相手の反撃を食らいにくいという長所があります。
壁や他のモデルに当てればダメージが大きくなります。
相手が移動できないような方向に飛ばせば、目の前で倒れてくれるので、追加攻撃をすることができます。
ヘッドバットに比べて、かなり汎用性がたかいのですが、やはりアタックロールが必要なのでDEFが高いモデルには発生させ辛いです。また、スラムは距離が、スローは方向が、それぞれランダムなので、場合によっては計算が狂って思いもよらぬ状況になったりします。

他のモデルを当てる
スラムやスローで飛ばしたモデルが当たったモデルも倒れることがあります。
これにはアタックロールが必要ではないので、DEFの高い相手には最も有効です。
近ければ近いほど発生させ易くなるので、複数のモデルが固まっていたらKD天国のチャンスです。目標の周りに誰もいなければ、味方を投げたりするのも一つの手です。

行動する順番について
KDさせると攻撃が当たり易くなるので、ダメージブーストや追加攻撃に多く割り振れるようになり、大ダメージが期待できます。
しかしそれはフォローする味方あっての話です。
KDを発生させ得るモデルは、なるべく最初の方に行動させましょう。最後に行動したのでは、せっかくKDさせてもすぐ起き上がられちゃいます。
また、攻撃できるモデルが少数の場合、KDにフォーカスを割り振らない方が大ダメージを与えられることもありますので、どちらが得か状況を見極めることも重要です。

ざっとこんなカンジですがいかがでしょう?
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://zanji777.blog40.fc2.com/tb.php/413-6436135a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。