スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶望

マリーンはすぐ勝てるようになっちゃってつまらんので、オークを使い始めました。
もちろん普通に戦って五分五分になるようするのが目標ですが、茨の道なのはわかってるので、初めは516さんの戦い方を参考にさせていただきました。
すなわち戦う前に、
 俺オーク使うから、それを考慮した編成をするように
と言う^^
さすがに相手もオークの弱さはわかっていたので、ちゃんと手を抜いて戦ってくれました。

土曜日はV1城で、1500p戦を2回。
こちらは、Codex:Orkを使うのはもちろん、WDに載ってたクラン編成(スネークバイトクラン)でフェラルオークを混ぜ、さらにマーセナリークルートまで雇う、40kプレイヤーの9割くらいは何やってるかよくわからない編成。

1戦目は粥さんのエルダーと。テイク&ホールドα。
相手は、アバター、レイスガードMAXx2、ワープスパイダーx2、ストライキングスコーピオン、という編成。オークに考慮したわけではなく素なんだろうけどありがたい。
T3のワープスパイダーは軽く片付けるが、T6軍団が手に負えない。接近戦はこちらが有利だと思っていたのだが、どんどんやられていく。
一応レイスガードは半数以下まで減らしたものの、アバターとストライキングスコーピオンに中央を占拠される。
こちらはクルートが中央にたどり着くも、他はほぼ全滅し、1vs2で負け。
接近戦でレイスガードに勝てないようじゃ、先が思いやられる(TT

2戦目はV1ALさんのケイオスと。リコンα。
相手は、バイクx1とトループx1以外は全てデーモンという編成。
ざんじが先手で、2ターン目表まではざんじペース(当たり前)。
しかしデーモンが出始めてからは、接近戦でまったく勝てず、どんどんやられていく。
召還時の事故で、ブラッドレター1部隊と、デモネットが半数以上消えたものの、数の差をものともせずオーク陣地に詰め寄ってくる。
でもまあなんとかプレーグベアラーx2とホラーを半数以下にし、暇なクルートが敵陣まで歩き、1vs1で引き分け。
この出目で引き分けなんて、まだその編成強すぎだよ、と突っ込んだところ、これ以上弱くするの無理、って言われた(TT

色々工夫して、オークにしては強めの編成を組んだつもりだが、まだまだ弱すぎでした。
城主に今後の増強指針を伺うと、ガーガーンチャンスクイゴスを軟体入れるかだね、とのこと。うわーん、いくらかかるんだよぅ。
泣きながらスクイゴスを組み始めた30の夜。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://zanji777.blog40.fc2.com/tb.php/244-2da3e45b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。