スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アポカリプス

日曜はSMDに行ってきました。
到着すると既に40kの6000p戦が始まっており、ざんじはM-Seyaさんとウォーマシンvsホードの2000p、何か普段遊ぶ4倍くらいの大ポイントが2卓という異様な光景が広がる。
シナリオはドミネーション、こちらはカドーアでEソーチャ・Eブッチャー・カルチェフ・王子、相手はトロールでまあ全種。
とりあえず1ターン目はちょっとした射撃戦。
2ターン目表、中央でやたらと固まった陣形に対して、バーサーカーをマローダーのスラムで吹っ飛ばしてみるが、全然飛ばず残念。両翼は泥仕合と化していく。
2ターン目裏、右翼で前に出たEブッチャーに対して、グリムが射撃した後移動力が伸びたマッチョモウラーが突撃してくる。こんな予想外が平然と起こるのがPPの魅力だね。当然のようにブッチャー死亡。
左翼でも、アイアンハイドのフィートでトロールキンチャンピオンが暴れ回り、ニスハンターとカットスロートの大半がやられる。
中央では、カルチェフとベヒモスがノックダウンさせられ魔法を封じられる。大ピンチ。
3ターン目、なぜか生き残ってるバーサーカーにフォーカス3点割り振り、暴れ回った挙げ句爆発。さらにEソーチャが突撃からのサイクロンで一気に敵陣中央に潜り込み、凍ったブラッドソングを殴りまくる。倒せはしないものの、トランスファーでかなりのウォービーストを削る。
裏の反撃でソーチャが死ぬものの、4ターン目表、総攻撃でブラッドソング&ドゥームシェイパーを狙いまくり、トランスファーしきれず倒すという力技で中央をほぼ平定。
右翼は押され気味なもののウォービーストは全滅させる。左翼はこちらが優勢だったので相手が放棄。
相手はウォービーストがほとんどいなくなり、カルチェフ&ベヒモスを止められそうもなかったので、降伏勧告。これが受け入れられ、勝利。

今回、フィートのタイミングを間違えたり、グリゴロの前にウィンターガードを行動させたり、プレイミスが多かったにも関わらず勝利できました。カドーア(ていうかサイポ)はやっぱ強いですな。期待していたEソーチャは充分な戦果をもたらしたが、王子のサイン&ポーテントを毎ターンかけてたので、その効果の方が大きかった。やっぱ王子は酷い。
アレクシアを入れていたのだが、リズンは相手よりも味方の邪魔をしていることが多かった。考えることも多いので、大ポイントでの使用は控えた方がいいかも。
会場についたのが11時で、ゲーム終了が19時。準備込みで8時間で終わるならアポカリプスも悪くないね。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://zanji777.blog40.fc2.com/tb.php/180-572cfa16

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。