スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーゴッズの編成ルール

基本ルールはこちら
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=558572291&owner_id=899498

ウォーゴッズ・オブ・エジプタスの編成ルールについて紹介します。アンデッドは特殊なんで除外。

まずはどの神をハービンジャーが率いるか決める。
それによって入れられない種族やコストアップする種族が少しあるが、基本的にどの種族でも入れられる。

ハービンジャーのコストは、種族に関わらず100+(Kaの値)x25p。
ハービンジャーのDisc+Kaの分だけユニットを入れられる。ここでいうユニットは、単独で行動するキャラクターやチャリオットも含む。

全体のポイントの半分は、Asar(普通の人間)の市民か、その神の子らで構成されなければならない。

ユニットを一つ入れる毎に同じ種族のキャラクターを入れることができる。Asar市民か同じ神の子らなら二人まで、他の種族のユニットの場合一人だけ。
ちなみにここで言うユニットは、キャラクターやチャリオットは含まない。用語が統一されてなくてウザいので、これをウォーリアユニットと呼ぶことにします。
キャラクターとは、チャンピオン、ヒーロー、スペシャリスト、プリースト、ソーサラーのこと。ハービンジャーは含まない。
キャラクターは初めからウォーリアユニットに合流させておくことができる。

ソーサラーは一人までしか入れられない。
マスターオブワードとウィッチの二種類がある。ウィッチは部下を付けてユニットで構成されるが、特定の神でしか使えない。

チャリオットは、1台でハービンジャーや単独のキャラクターを乗せるか、3台でユニットを構成する。
チャリオットのユニットは、キャラクター数の前提にならない(ウォーリアユニットじゃないので)が、キャラクターを合流させることはできる。

ウォーリアユニットは10体以上で構成される。セベキは6体以上でOK。
+10pでスタンダードベアラーやミュージシャンを入れられる。それぞれ、ラウトセーブかディサイプリンセーブに+1。
ウォーリアユニットには、初めからキャラクターを合流させることができる。これをキャプテンと呼び、ArcとDiscはキャプテンのものを使用できるようになる。

チャリオットは、本体(馬含む)、ドライバー1体、パッセンジャー1体、チャリオットランナー0~2体で構成される。本体は50p、他は各種族のポイント。アップグレードもいくつかある。
ハービンジャーやキャラクターは、パッセンジャーとして乗る。

まあざっとこんなカンジ? ルールが色々な所に書いてあってわかり辛い・・・。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://zanji777.blog40.fc2.com/tb.php/133-380231af

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。