スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドレッドボールエクストリーム

キックスターターで投資した #ドレッドボールX 、入手できたので、簡単に紹介しますよ!

通常のドレッドボールと、ルールはほぼ一緒。ただ、細かい点が色々変更されてて、かなり面白くなってる印象ですね。

先日軽く紹介した通り、チーム編制は自由に行えます。自分だけのオリジナルチームが作れるよ! そういうのが面倒臭い人用に、サンプルチームも用意されてます。

今回はテレインを使用します。完全に邪魔ものの高いテレインと、ボールは通せるけどモデルは通れない低いテレインがあります。ゴールもモデル化。テレインとゴールの位置の組み合わせは六種類あり、ランダムで決めます。

ジャックは行動前に1マスしか移動できないんだけど、今回はダッシュで伸ばす事ができます。大分扱いやすく、そしてランイーターフェアレンスがより強力になりますね!

レフェリーがおらず、前は反則と設定されてた行動が、普通にできます。この辺は、初心者に説明するのがかったるかったので、良い変更かと。

カードは、スペシャルムーブとサボタージュの二つのデッキに別れ、アクションを使って引く時に選べる。また、負けている方は、手番開始時にサボタージュを一枚引ける。

ダメージを受けた時、盤面から取り除かれず、その場で倒れる。回復は、前は自動で各一点回復してたけど、今回はストレングスで判定。一気に全快する事もあるけど、失敗するとなんと追加ダメージ!

アーマーの能力値は、前はポジション毎に固定だったけど、今回はモデルによって違う。これは、覚えるのが面倒になりましたが、個性はより出せるように。

リーグ戦ルールもありますが、今回は簡単。選手は成長せず、一試合毎の契約に。そのかわり、スポンサーが成長し、初期コーチングダイスやカードが増えていく。アンダードッグ的要素は、試合後の獲得金額にしかなさげ。

スポンサーの役割。選手との契約金額がそれぞれ異なる他に、ゲーム中は前のコーチングスタッフ的な。ボーナスのコーチングダイスをゲットしたり、敵の邪魔をしたり。

ざっと読んだカンジ、リーグ戦をやらなきゃ楽しみきれなかった前のに比べ、ワンマッチでも充分楽しめそうな内容になってます。超遊ぼう!

ついてきたベースが青と黄色で、ホームとアウェイが識別できるようになってる。一見便利そうだけど、もしかしてベースに接着すんなってこと?

ベースは各色12枚で計24枚。ミニチュアはまだ数えてないけど、それ以上ありそうに見える。プレイしやすさを考えると接着しちゃいたいけど、未使用のベースは何枚持ってたかなあ。

ショートオブスタクルのトラップは、蓋の裏に彫り込まれてるデッドゾーン形式。ペイントしちゃうとガン牌の危険があるので、塗らない方がいいかなあ。

サボタージュカードは、同種のものが多い。数えてないけど、多分各六枚くらい。残念ながらボールは爆発しない。

ルールに載ってたモデルは全部ありそう。残念ながら、無印ドレッドボールのコンバートデータは付いて来なかった。しばらくはこのまま遊ぶしかなさげ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://zanji777.blog40.fc2.com/tb.php/1202-ecb8f183

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。