スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Swords for Hire

20140913032707d87.jpg
SAGAの傭兵たちについて、紹介します。

まずは、傭兵ルールについて簡単に。
Swords for HireまたはDogs of Warというカテゴリーのユニットがいます。
前者はバイキング時代の傭兵、後者は十字軍時代の傭兵です。
どちらも、特定のコストを払えば自分の軍勢に迎え入れる事ができます。
どの勢力で雇えるかは、それぞれのユニットのルールに記載されています。また、各勢力のルールに、特定のユニットしか雇えない、と書かれてる場合もあります。あと、ヒーローが率いている軍勢には迎え入れられない事がほとんどなので、注意してください。
各傭兵は、独自の能力値や特殊ルールを持っています。
味方のSAGAアビリティの影響を受けないユニットも多いので、使用前によく確認しましょう。
各傭兵のデータは、ルールブックに記載されている事もありますが、ほとんどはミニチュアを買うとカードが付いてくる形式です。公式フォーラムでPDFが公開されていますので、買う前にチェックした方が良いでしょう。

写真の右側の四人は、ヤール・シグバルディとヨムスバイキング。
ルールはSAGAの基本ルールブックに載っています。
バイキング時代の勢力のほとんどで雇う事ができます(V&Bは不可)。
通常ルールとは大きく異なるユニットです。
オーダーフェイズにSAGAダイスを消費し、その数だけd6を振り合計値と表を見比べ、その合計値以下の特殊能力が全て付与されます。また、最も高い出目の半分の回数、そのターンに行動する事ができます。
基本的に出目が高いほど強いのですが、合計値が17以上だと裏切るというヒストリカルっぷりなので、気を付けてくださいw
コストが高い割には人数が少ないので、ぶっちゃけあまり強くないです。

左に写ってるモデルは、ワンダリングバード/トルバドゥール。要するに吟遊詩人です。
SAGAクレセント&クロスに載っている他、ミニチュアにカードが付いてきます。
バイキング時代でも十字軍時代でも、ほぼ全ての勢力で雇う事ができます(V&Bは不可)。
単体のウォーリアなので、戦闘能力はショボいですが、彼が近くにいるとウォーロードが張り切っちゃいます。具体的には、自身のタダ行動と近くのユニットをタダ行動させる能力が一回増え、ウォーロードが敵を倒した時に得られるVPが倍になります。
ただし、吟遊詩人を戦場に連れてくるウォーロードは、とても見栄っ張りです。具体的には、自身は二点以上疲労していないと休憩せず、味方と同時突撃する事はありません。吟遊詩人が遠く離れていようが、例え死のうが、見栄を張り続けます。
コストゼロで雇う事ができますが、ペナルティルールもキツいので、雇うかどうかはお好みで。

補足。
V&Bというのは、Varjazi & Basileusの略で、SAGAの追加ルール集の一つです。
ここに載っている勢力(ペイガンラス、ルーシ諸公国、ビザンチン帝国)は、ステップノマド以外のソードフォーハイヤーを雇う事ができません。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://zanji777.blog40.fc2.com/tb.php/1199-957d43bf

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。