スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAGA


ミニチュアゲームのSAGAの紹介をします。

分野としてはヒストリカル。バイキングが暴れ回った時代を扱ってます。漫画のヴィンランドサガあたり。
ルールは英語ですが、背景設定の日本語書籍が豊富にあるのが強みですかね。

交互ターン制で、部隊内の各モデルが自由に動く事ができる、ウォーハンマー40000やウォーマシンみたいなシステムです。
モデル数は、20体程度で遊ぶのが一般的なのかな?

最も特徴的なのが、オーダーダイス。
ターン開始時に専用ダイスを振り、15に区切られたバトルボード呼ばれるシートに乗せていきます。
ターン中、このダイスを消費する事により、部隊を動かしたり、特殊能力を付加します。
このシートが勢力毎に異なるので、そこで個性を出しているカンジです。
あと能力名が厨っぽくて良いですw ラグナロク!とか叫びながら遊ぶと楽しげ。

各部隊が何度も動けるのも特徴です。
行動用のダイスが続く限り、何回行動しても構いません。
ただ、二回目以降、行動終了時に疲労ポイントが溜まってしまいます。
疲労し過ぎると休息が必要となります。
また、相手の部隊の疲労ポイントを消費する事により、その部隊の能力を一時的に下げる事ができます。
接近戦をしたり、射撃で被害を受けても、疲労ポイントが溜まります。
これの管理も面白いポイントではないかと。

判定は普通のd6を使用します。
モデル毎に攻撃できるかどうか調べ、それぞれの攻撃回数の合計をまとめて振ります。相手の防御力以上の出目分だけヒット。
その後、防御側がヒット分だけダイスを振り、カバー等で定められた値以上の出目が出れば防御成功、失敗した出目の分だけミニチュアを取り除きます。
この辺はシンプル。

どの軍にも大抵、強い兵(ハースガード)、普通の兵(ウォーリア)、弱い兵(レビィ)の三兵種がいます。
基本的にはどの軍も、それらの性能は同じです。装備によっては増減したりします。
それぞれの軍で、この兵種はこの装備、とほぼ固定されてます。オプションを選択できる場合もありますが、何かが上がると他の何かが下がるカンジで、バランスは良さそうです。

編制はポイント制。
1ポイントで、強い兵4体か、普通の兵8体か、弱い兵12体を得られます。
得た兵をそれぞれ、4 12体の部隊に分けていきます。
そこに、無料で入るウォーロードを1体加え、完成です。
特殊な兵種やヒーロー等は、追加コストがかかる場合があります。
標準ポイントは6とのことですが、各軍で4ポイントスターターというのが売られてますので、まずはそれくらいで遊ぶのが良いのではないでしょうか。

シナリオは、二人用が6種類と、四人用が1つ。
テレインのルールが秀逸で、種類や大きさや置ける数が定められており、置き方も厳密に定義されてます。
かなり競技性を意識してますね。

ルールを読んだカンジでは、相当面白そうです。
早く遊んでみたい。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://zanji777.blog40.fc2.com/tb.php/1190-06bb480a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。