スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kings of War

マンティックのファンタジーなバトルのミニチュアゲームを紹介します。

見たカンジ、ウォーハンマーFBを簡単にしたようなゲームですね。
今のFBが大好きな人には、多分物足りないかと。
ミニチュアが似てるので、FBっぽい雰囲気を気軽に楽しみたい人向けです。

基本ルールとアーミーリストが無料でDLできるので、ミニチュアさえあればすぐにでも遊べるのがウリですかね。マジで。

あと、同盟ルールがラフいです。
各軍は、善・悪・中立の三種の属性に大別されてます。善と悪を組み合わせなければ、いくらでも同盟できます。

ルールの紹介は、似ているFBと比較する形で行いますが、信者の方々はスルーしてくださいね。

まずは能力値。
ユニット単位で能力値が決まっていて、位置やらダメージやらで変わったりしません。ムービングトレイに接着しちゃってもいいし、ベースデコレートも好き放題できます。
また、能力値の種類自体も少なく、判定値がそのまま書かれてるんで、表とかを参照する必要なくスピーディに遊ぶ事ができます。

ターンシーケンスは大体一緒。
交互ターン制で、全モデルを移動、全モデルが射撃、全モデルが接近戦、の順に行います。
各フェイズで、ダメージを食らったモデルはナーブ(戦意)テストを行います。

判定は、d6を使います。
攻撃回数分ダイスを振り、自身のメレーかレンジの能力値以上の出目の数だけ命中。その数だけダイスを振り、相手のディフェンス以上の出目の数だけダメージが入ります。
セーブとかはありません。
それぞれの判定には、状況や特殊能力に応じて、ボーナスやペナルティが入ります。

一点以上のダメージを受けたユニットは、今まで受けたダメージ分だけペナルティを受けて、ナーブテストを行います。
2d6を振って、ナーブの右側の数字以上なら敗走、盤から取り除きます。ナーブの左側の数字未満なら、持ちこたえて戦い続けられます。その間だと、ビビって次のターン何もできなくなります。

距離はインチを使用、いつでも測って良い。
ユニット間の距離を見る時は、攻撃側のリーダーから、相手ユニットの一番近い場所を測ります。
視界は、ユニット前面の両角から各45度まで。

移動について。
通常移動中には90度までの方向転換を一度行えます。方向転換は、ユニットの中心を動かさずに向きだけ変えます。ホイールとかはしなくてOK。
倍移動の時は直進のみ、横や後ろへは移動力の半分進む事ができます。
移動せずに好きな方向に向く事もできます。
チャージ時は、移動力の倍まで進めて、90度までの方向転換を二回行えます。

シナリオは三種類。
殺したポイントを比べるのと、マーカーの確保の個数を比べるのと、両方を組み合わせたもの。

総じて、FBの面倒臭い部分を省いて遊び易くしたカンジ。
がっつり遊びたい人には物足りないし、ルール的に目新しい部分はないですが、ファンタジーなバトルの入門としてはいいんじゃないですかねー。
あと安い。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://zanji777.blog40.fc2.com/tb.php/1184-3e7c18bb

コメント

ユニットダメージの扱いが面白いですね。
あんまりミニチュアゲームらしくない処理ですよね~。
ちなみにナーブテストはピンゾロで自動成功なので、10人しかいないユニットでも10点食らおうが100点食らおうが戦場に残り続ける可能性が微レ存だよ!
ちなみに、ルールやデータはここからDLできます。
http://www.manticgames.com/free-rules.html

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。