スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランニング・インターフェアレンス

ドレッドボールで最も難しく、かつ奥深い、ランニング・インターフェアレンス(RI)のルールについて、解説します。
複雑なルールで説明が面倒なため、初心者の方は無視して構いません。ドレッドボールに慣れてきた人が、頑張って勉強する類の話です。

このアクションができるのはジャックのみ、使用するためにはカードまたはアビリティが必要です。
その内容は、相手の行動の途中に割り込んでスラムする、というもの。
ジャックが行うので、スラム前に一歩しか動けないし、ポジションボーナスのダイスも貰えない、微妙なアクションに見えます。

ですが、FAQをよく読むと、意外と強い事がわかります。
RIの時は、移動してスラムしても良いし、その場でスラムしても良いし、移動だけしてスラムしなくても良い、との事。
最後のやつは特に強力。
相手がボールを投げようとした瞬間にコースを塞いだり、判定しようとした所にペナルティを増やしに行ったり、ボールを拾われる前に先に拾ったり、様々な使い方が思い浮かびます。

RIによる移動やスラムの処理を終えたら、割り込まれた選手はアクションを続行します。
移動力が余ってれば移動を続けても良いですし、余ってなくてもダッシュで位置を変える事もできます。投げる寸前だった場合、投げる対象を変更しても構いません。
相手がRIを駆使してくる場合、考える事が大きく増えますね。

この辺を使いこなすと、上級者っぽくて格好良いです。
基本ルールを一通り覚えたら、ステップアップとして活用してみては如何でしょう。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://zanji777.blog40.fc2.com/tb.php/1179-f66a3dac

コメント

RIは相手ラッシュの時に、こちらのジャックがスラムするんだよね?

球を拾うのはできるのかな?

移動だけする、が選択できるから、そこからピックアップなのだろうか。
ピックアップは、ボールと同じヘクスに入った時に強制的に行われる判定なのですよ。
ドッジでダブル勝ちして拾いに行った事ならあります。失敗したけどw

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。