スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHAOS DAEMONS 「2万円で始めるスタートアーミー!」

Military Studies on Dark Millennium40kというブログで、「2万円で始めるスタートアーミー!」という企画をやっています。
概要については こちら をご参照ください。
面白そうなので、便乗してみました。

1.ケイオスデーモンというアーミー

まずは買い物に移る前にケイオスデーモンと言うアーミーを知りましょう。
ケイオスデーモンの特徴は一言で言うなら、這い寄る混沌アーミー。特殊ルールのランダム性に振り回されて、戦略の立てにくいアーミーと言ってもいいでしょう。

アーミー全体の特徴と言えば、高い接近戦能力と特徴的な配置ルールでしょうか。接近戦が得意なユニットが多いため、敵の射撃を受けながら近付いて行く戦術が基本となります。また、全軍が縦深攻撃なので、良い場所に配置しないと接近戦できずに消えてしまうことも。その不利を緩和するため、登場時にズレなくなる軍旗の装備は欠かせません。また、全軍の半分は1ターン目に登場しますが、どちらが来るかはランダムなので、どちらが先でも良いよう多めに軍旗を入れておく必要があります。

一般的な兵の能力値は全体的に3が多いながら、スペシャルセービングを持っているため、意外と耐久力は高いですが、反面コストが高いです。トループであるレッサーデーモンですら他アーミーのエリートクラスのコストなので、自ずと兵数が少なくなります。彼らのエリートは更に高価であることを考えれば、兵数は極端に少なくなるでしょう。しかし、其の分作る量が少なく大きいポイントのゲームを出来ると言う利点でもあります。


ビークルはほとんどありませんが、モンスターが多いのも特徴です。彼らもまたスペシャルセービングを持っているため、通常の対戦車砲では落としきれない耐久力が魅力です。モンスターは、対歩兵・対戦車ともに、接近戦で大きなアドバンテージを持っていますので、ポイントコストはかかるものの積極的に編入したい戦力です。

・接近戦能力と耐久力が高い。
・ただし、コストは高い。
・モンスターは万能ではあるが、やはりコストとの兼ね合いで多くは入れられない。


これらを踏まえたうえで、まずは最低限のお買い物をしてみましょう。
下の画像は筆者のデーモンプリンスです。
飛行能力によって早く接近戦に入れる事が特徴的でしょうか。
PB070002.jpg





2.まずは最小限のお買い物。

ウォーハンマー40kを遊ぶ上で必要なアーミーの条件があります。
それは、最低限必要な編制枠を埋めること。
HQ1トループ2、これは特別なゲーム以外では必須条件です。
これを満たす為にも、今回はGW屈指のお得セットであるバトルフォースを使います。

・箱の中には

ケイオスデーモンバトルフォースは魅力的な箱です。19000円もの戦力を、14300円で提供しています。

その気になるセット内容を開示してみましょう。

・ブラッドレター20体(トループ)
・ホラー10体(トループ)
・デモネット10体(トループ)
・シーカー5体(ファストアタック)


トループの中では最も戦闘力の高いブラッドレターを主力に、ケイオスデーモンでは珍しく対戦車射撃能力を付加できるホラー、突撃距離の長いシーカーなど、必要な戦力は一通りそろっては居ます。軍旗のパーツが多数入っているのも素晴らしいです。求めるアーミーの形によってはこれを使う必要は無いかもしれませんが、其の場合は2万円に収める事はほぼ不可能です。戦力の個別評価は「ケイオスデーモン全軍紹介」ではないので割愛します。

・HQあれこれ

HQはアーミーの顔となる存在です。気合を入れてペイントされる可能性の高いミニチュアでもありますし、モデルとしての戦闘能力もそれなりの物。始めるアーミー背景によるので明確には「これがいい!」と言う物はありません。

今回はヘラルドオブコーンを使います。設定上の理由としては、バトルフォースに最も多く入っているのがコーンの下級デーモンたるブラッドレターだからです。他の神のヘラルドでは、自分の神の下級デーモンより多くの数がいるブラッドレター達を、とても統率することができないでしょう。

ヘラルドは、ユニットに合流することにより、そのユニットと同時に登場することができます。最も接近戦能力の高いブラッドレターと合流し、その戦闘力をさらに高めるのが狙いです。購入するミニチュアは「スカルテイカー」です。デーモン軍を統べるにふさわしい、威風堂々としたモデルです。本来スペシャルキャラクターのミニチュアですが、ポイントコストの関係上、今回は一般のヘラルド扱いで使用します。

現在の時点で使用する金額を計算してみましょう。
特殊な注文をしない限りは17300円になるはずです。
もう既にこの時点で46体の歩兵が入手できる計算になりますので、一旦これを1ヶ月2ヶ月かけて塗りきってから次のキットを購入しても構いませんし、46モデルを作りきるモチベーションを維持する為にご褒美ユニットが欲しいかもしれません。次の章は最小限から超えた部分を考えましょう。

3.色々な追加プラン

アーミーを作ると言っても色々あります。人によっては豪華なユニットを小数でまわして使ったり、安いユニットを大量に使用する。ある意味回転すしですしを食べる時の好みによく似てます。そう、本人の価値観がダイレクトに出ます。そこから考えて、プランを複数用意しましたので自分の感性でこれだ!とチョイスしていただけると幸いです。分からん場合はまず2章で止めても問題はありません。1000Pのゲームはできます。

要望:もっと安定したアーミーが欲しい

ウォーハンマー40kで安定したアーミーと言えば、やはり「確保ユニットの充実」でしょうか。こう言い切れる理由はゲームごとにランダムで決定される勝利条件3つのうち2つが確保ユニットを必要とするからですね。ことケイオスデーモンについては、全軍が縦深攻撃をするため確保ポイントに近付きやすく、防御力も高めなので心強いです。

ただし、デーモンは兵が高価なので予算をオーバーしてしまいます。そこで、オーバーを前提に紹介しようと思います。

この要望に適したボックスは、本来であればプレーグベアラーなのですが、いかんせんメタルのため、必要な量を購入するには金額が高めです。お金に余裕ができてからのほうが良いでしょう。

ホラーは他のレッサーデーモンに比べてセーブ値が優秀なため、耐が低い割には生き残ることが多いです。射撃力も割と優秀なため、拠点防衛に向いています。トループを増強するなら、ホラーのボックスをオススメします。

要望:強い歩兵が欲しい

バトルフォースに収録されている歩兵も充分な強さだとは思うのですが、ご不満でしょうか。それなら、エリート歩兵の出番です。

ただし、デーモンは兵が高価なので予算をオーバーしてしまいます。そこで、オーバーを前提に紹介しようと思います。

ブラッドクラッシャーは、全員がパワーウェポンを装備している上、その能力値とアーマー値のおかげで耐久力も高い、一体が40Pもする超高級ユニットです。接近戦能力はピカイチですが、ボックスがいいお値段してしまうので、活躍させるだけの数を揃えるにはお金がかかってしまうのが欠点と考えられます。

射撃力を求めるなら、フレイマーがオススメです。アーマーセービングとカバーセービングを無視する歪みの焰(機種依存文字・ほむら)は、敵の装甲兵をたやすく消滅させる事ができるでしょう。縦深攻撃を利用して敵の近くに出現すれば、一方的な虐殺が期待できます。テンプレート攻撃は味方に被るようには置けないので、一部隊の数が多すぎると無駄になりがちです。3体で運用するのがベストではないでしょうか。

要望:デカブツだ!デカブツをよこせ!

ウォーハンマー40kの魅力の一つである大型モデルが欲しい!と言う要望はよくわかります。無論、ケイオスデーモンにはたくさんあります。しかしながら大型モデルは高価な為、予算を全てオーバーしてしまいました!
オーバーしていいなら、と言う条件付で紹介します。

・好みに応じて様々なカスタムが可能なデーモンプリンスを編入
・対歩兵、対ビークルどちらもこなせるソウルグラインダーを編入
・近接戦闘において無敵なブラッドサースターを製作
・周囲の防御力を強化するフェイトウィーバーを製作

これらのプランが提案できます。さて、最後に、この章を無視したw編制を紹介して終了します。


4.サンプルロスター

750Pアーミーロスター

HQ:
ヘラルドオブコーン(死の一撃、鋼鉄の肌、不浄なる剛力)115P

トループ:
ブラッドレター20体(フルアップグレード)360p
ホラー10体(フルアップグレード)230p
デモネット10体(フルアップグレード)175p

ファストアタック:
シーカー5体(フルアップグレード)120P

合計ポイント:1000P 使用金額17300円

解説:

ヘラルドの合流したブラッドレターで、どれだけ敵を倒せるかが鍵。シーカーは数が少ないため、敵の射撃にさらされない位置にうまく登場しよう。ホラーは貴重な射撃部隊なので、脅威となる敵を見極めて効率良く射撃することが大切。デモネットは基本的には確保要員だが、不用意に近づいて来る敵がいたら、遠慮なく突撃をしかけよう。

この編制から増強するのであれば、3章を参考にしていただきたい。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://zanji777.blog40.fc2.com/tb.php/1137-ca175cd5

コメント

便乗して頂きありがとうございます。
20kって意外に何もはいらないよ!と言うのを実感して頂けたのではないでしょうか。3章なんてはじめからなかったんや!というバトルフォースそのまま編成も清清しく、どうしてもダメだったときの参考にしたいと思いますw

それにしてもディーモンマジお得ですね~。FBと共用と言うのも有ると思いますが、他のバトルフォースより兵数が多い気がします。

6版では同盟ルールが復活されるということで、他のアーミー以上に、5版時代のディーモンを持っていないCSM趣味人達がこの記事を参考にされる事は予想できますね!

ブログのリンクありがとうございます。こちらからリンクを張らせて頂いてもよろしいでしょうか?
他のバトルフォースと違って、大物が入っていない分、頭数が多いですね。ポイントコストも高めなので、あっという間に1000pに到達してしまい、増強とか後でいいだろ的なカンジになりました。
「バトルフォースから半分抜いてデモプリ入れろ!」とか「トループはプレーグベアラーだけでいい。5万円は覚悟しておけ」的な記事だと趣旨に反するっしょ?w 
一応増強の指針は示したので、これからデーモンを始める方は、これを参考に1500なり2000なりを目指して欲しいですね。
リンクは是非是非お願いします。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。