スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にV1城

昨夜はV1城で遊んできました~。

...続きを読む

スポンサーサイト

7/27ザット

昨日はザット会で3戦遊びました。

...続きを読む

40k5thルール4

長くなりましたが今回で最後です。
てゆーか変更ありすぎ!
前回の版と混同しそうです・・・。

...続きを読む

40k5thルール3

ものかげからきゅうにとびだしてひとをおどろかすときはっするこえ、てどんな声?(挨拶)
ちょっと間が空いちゃったけど続きです。

...続きを読む

増強

スティールヘッド騎兵
左はスティールヘッドヘビーキャバルリー(マーセナリー・ユニット)。
アサルトとスイングバックで最大3回攻撃が可能だが、能力値が平凡なので、単体での活躍は難しそう。
最大の特徴は歩兵とのコンビネーション。スティールヘッドハルバーディアがメレーレンジに捉えてる敵に対し、アタック+2、ダメージ+1d6となる。これを使ってようやく他の騎兵とタメ張れるレベルかと。
右はスタンニスブロッカー(マーセナリー・ソロ)。
見た目に反して、戦闘能力はスティールヘッド騎兵以下の後衛タイプ。そのかわり、指揮官としてはかなり有能です。
まず、CMD9でコマンダー。マグナスアジェンダには絶対必要な能力ですw
そして、CMD内のスティールヘッドが、味方をすり抜けたり味方越しに攻撃したりする能力を得ます。
さらに、スティールヘッドに特殊オーダーを取ばすことができ、ラフテレイン無視のSPD+5チャージを行わせます。
ついでに、ハルバーディアのリーダーがいなくなっても、別のモデルをリーダーに任命できます。
ここまで指揮能力に特化したソロは見たことないですね~。

ブライテッドアーチャー
左の10体はブライテッドアーチャー(リージョン・ユニット)。
コンバインレンジとコンセイトレイトボレイを持つ、射撃ユニット。
能力値も特殊能力もニスハンターに劣ります。なんでブライテッドテンプレートを付加すると弱くなるのか、理解に苦しみます。
しかし、右の2体のオフィサー&アモキャリアー(リージョン・UA)が加わる事により、大きく生まれ変わります。
オフィサーは二つのタクティクスを持っており、アーチングファイアと、ダメージ箇所を指定する能力を、部隊全員に付加します。
アモキャリアーは、移動放棄すれば2連射できる能力に加え、ゲーム中一回射撃ダメージ+1d6する能力を、部隊全員に付加します(フォーメーション制限あり)。
これにより、射撃力だけで言えば最高クラスのユニットになったと言えるかと。

インキュビ
インキュビ(リージョン・ソロ)。
リージョンのスモールベースのウォーリアモデルが死ぬと、それが変異して盤面に登場します。
トルーパーがソロに変わるってのも凄いですが、現れた時に移動&攻撃(アタックブースト)するのもヤバい。
他に類を見ない面白モデルです。

今週末のザット会でデビュー予定です。
サマーランページ中だから全部使えるかな?

19・21 さいたま

3連休はPPゲームを遊び倒しました。

...続きを読む

40k5thルール2

続き~。
結構変わってる点が多いですね。
このペースだと全5回とかになっちゃいそう。

...続きを読む

40k5thルール1

40kの新ルールを一通り読み終えましたんで、軽く紹介します。長くなりそうなんで、何回かに分けます。
まあなんていうか、さらに防御的なカンジになってて、クソゲー度が増してる気がします。ゲーム的な面白さは他社ので満喫して、GWゲーはもうあんまり買い足さずに雰囲気だけ楽しむのがいいんですかねえ。

ともあれ、とりあえずゲームしてみないことにはってカンジなので、対戦相手募集ってことで。

...続きを読む

新DE

GWUKから荷物が届きました。
40k5thとアポカリプスリロードのことは後日紹介するとして、友人が買ったダークエルフのスピアヘッドのアーミーブックを見せてもらったんで、その紹介をば。
前に比べて劇的に強くなってると思うのですが、ウォーシーアのウワサ程じゃないってことは予め言っておきますw

...続きを読む

ラッカムの動向

久しぶりにラッカムのページ見てみたら、リリースプランが更新されてますね。

AT-43の方はこちら。
http://www.rackham.fr/index.php?option=com_content&task=view&id=128&Itemid=237
フロストバイトのモデルや、ランク3車両の予定が立ってます。
注目はスタートルーパーのフロストバイトカラー。まさか全兵士にこれやるつもりじゃないだろうな・・・w

コンフロンテーションはこちら。
http://www.rackham.fr/index.php?option=com_content&task=view&id=13&Itemid=45
ライオンは大分先。既存3アーミーのリリースを優先させてるみたい。
ざんじが欲しいブラッドサースティプレデターはさらに先だけど。

いずれも、あくまで発売順の発表であって、発売日がはっきろしないのが難点。
まあ無理せず頑張って欲しいところ。

ホード3戦

昨日は卵邸で遊んできました。
純粋なホード対決を計3戦という充実した一日でした。

1戦目は、エピックウォーロック(代用)対決。さすがに日本初なんじゃないですかねw
こちらはエピックカヤサークル、相手はエピックモルグールスコーン、750pキングオブザヒル。
ガンガン丘に乗る先行の卵帝軍に対し、丘の手前で突撃体勢を整えるざんじ軍。
2表、モルグールが丘の上に乗ってフィート。森の奥にいたカヤ以外ほとんどがブラインドにされる。さらに他モデルも前に出て、丘への侵入を阻害する構え。厳しい展開だな・・・。
2裏、セントリーストーンのデボアマジックでモルグールのヒューリーを吸い取り、マニキンでチャージして削った後、ウェイファラーのストームビーコンからのカヤチャージ、4人をメレーレンジにとらえた状態でモルグールを殴り、倒しきる。さらにカヤのフィートでウォービーストを丘に乗せまくり、モデル数逆転。
3表、残存兵力でカヤを狙ってくるが、周りのウォービーストの防御陣のおかげで生き残り、相手投了、勝利。
フィートをフィートで返す、PPゲーらしい展開でした。

2戦目は、ざんじリージョンのデビュー戦。
こちらはライアスリージョン、相手はマケダスコーン、500pペンデュラム。
先攻の卵帝軍、ガドランが侵入してくる。
後攻のざんじ軍、のんびり前進、セラフでガドランに射撃、あっと言う間に射殺(1回目)。
2表、カーニビアンが、タイタンキャノニアの射撃からライノドンの攻撃を受けるが、何故か7ダメージしか食らわない。
2裏、カーニビアンをシェパードでフレンジーさせてライノドンを倒し、フェラルガイストで乗り移ってキャノニアに突撃、4回攻撃のフルブーストという熱い打撃を叩き込む。ライノドン楽し~w
3表、侵入していたシュレッダー・ハリアー・ライノドン+フェラルガイストが全て倒され、シナリオポイントでストレート負け。
・・・あれ、もう終わり? 戦うのに夢中でシナリオ目標確保が甘かったw

3戦目は、スコーン対決。
ざんじはヘクセリススコーン、相手はモルグールスコーン、500pキングオブザヒル。
先攻のざんじ軍、ガンガン丘に上る。後攻の卵帝軍も丘の下に集結。
2表、夢想転生状態のライノドンの処理に困るが、とりあえずハープーンでホグタイしておく。味方グラディエイターをヘクセリスのプッシュで前に出し、邪魔なガドランを両手投げでどかす。ルートが空いたのでバジリスクコンビの射撃&突撃で敵タイタングラディエイターを倒す。
2裏、敵の少ない兵力ではこちらの丘上モデルを除去しきれず、相手投了、勝利。
バジリスクはスコーン最強生物であることを教えてやったw

どのバトルも、シナリオ目標の達成の仕方が勝負を分けたカンジですかね。アドバンスドデプロイが重要なのと、1ターン目はランしまくるべき、ということを再認識しました。
ホード熱がドンドン上昇中。リージョンを750pまで増強したいのと、もうトロールも始めちゃおうか?とまで思ったw

リージョンと新作

色々買ったので紹介~。

リージョンソロ
左はシェパード(リージョン・ソロ)。
その名の通り、ウォービーストのコントロール補佐系。
CTRLをちょっと増やしたり、フレンジーを制御したり。
対ウォービーストのスタンランスみたいな武器を持ってますが、基本は後衛でサポートかと。
右はフォーセイクン(リージョン・ソロ)。
ウォービーストからヒューリーを吸い取って、ブーストしたり特殊攻撃をしたり。
特殊攻撃は、相手にヒューリーやフォーカスがあればあるほどダメージが上がる、自動ヒット攻撃。レンジは短いものの決まれば強そう。
まあ基本は余分なヒューリーを吸い取る補佐要員でしょうけど。

ライアスとハリアー
左はライアス(リージョン・ウォーロック)。
ウェポンマスターかつソードマスターという、接近戦系キャラです。
こいつの凄いところは、アクロバット・パーフェクトバランス・ダッシュとフリーストライク無視能力を3つも持っていることw
右はハリアー(リージョン・レッサーウォービースト)。
羽根が生えており、通り抜け攻撃が可能。
一番の特徴はアニムス。トゥルーストライクという見るからにヤバそうな名前で、たった1点で次のメレーアタックが自動ヒット、という優れもの。
2個入ってたけど、アニムスがメインなので1体しか組まなかった。

おーりんおーりん
オリン・ミッドウィンター(マーセナリーミニオン・ソロ)。
フォーカスを使わない魔法使い系ソロ。
近くで魔法を使うとトークンを得られ、ブーストが可能に。アップキープがかかっている相手にはダイス+1。
魔法は3種類で、チェーンライトニング、魔法禁止、ステルス。
スコーンとマグナスアジェンダで使えるのが素晴らしいw

フォージガード
ホルゲンホルド・フォージ・ガード(マーセナリー・ユニット)。
待望の接近戦系ルーリック。
ハンマーでランキングアタックする熱い奴ら。絶対当たるってw
他のモデルのメレーレンジ内の敵に対してアタック+2、ウェポンマスター、クリティカルスラム、と攻撃力は申し分なし。
ARMも高いが、SPDとDEFの低さが辛いかも?
シアフォージも充実してきましたが、まだ1000pいかないんですよね。ルーリックはコスト安いから・・・。

ルール関係(2)

一昨日の続き。

フリーストライクは、アタックもダメージもブースト不可。
・・・フォーカスを使わないブーストも無理ですね。

自動ヒット時も、クリティカルヒットを狙うためにアタックロールをする事ができるが、失敗したらハズレ。
・・・DEFに対して行うの? ピンゾロじゃなきゃOKって話を聞いた気がするけど。

スローは、投げられたモデルより小さなベースはすり抜けて被害なし。止まったところにいたらダメージ&ノックダウン。
・・・スラムと違って意外と周囲の被害が小さい。

これで全部かな。
気が向いたらページ数も追記しておきます。

ルール関係

最近ウォーマシンの基本ルールを読み直してます。
気付いた点を忘れないようにメモ。ちとマニアックなものが多いですが^^;

ディスエイブルしているウォージャックは盾のARMボーナスを得られない(p55)。
・・・この前それでぴったりデストロイしたんで、一応確認。

ディスエイブルのレックマーカーはウォージャック・モデル扱い(p55)。
・・・投げておk?w

何インチ以内のモデルに有効、という系のルールは、他に何か書いてない限り、自分は効果に含まれない(p22)。
・・・including herselfじゃなくてもいいのか。バルトロのブロードサイドとかも自分を含めていい。

敵にエンゲージされてるとチャンネルスペルできない(p68)。
・・・インメレーでも、敵にエンゲージしてるだけならチャンネル可能、と。

インパクトアタックには、チャージに修正を与える能力が適用される(p59)。
・・・セットディフェンスとかのことかな?

んー、もうちょっとあった気がしたけど・・・また思い出したら書きますわ。


あと、コントラクトの説明もちょっと読みました。
フォー・スター・シンジゲートはオルド、ハイボーン・コブナントはラエル、シアフォージ・コミッションはルール、マグナス・アジェンダはブラッドストーン・マーチが本拠地(とか縁の地)の模様。
西イモレンの地図にある国や地域で、ファクションやコントラクトになってないのは、イオスくらい? 次のコントラクトの有力候補かも。

エピックウォーロック

今月のNQMには、次のホードのサプリメント・メタモルフォシスから、エピックウォーロックの紹介が載ってました。
ミニチュアの発売は来月ですが、軽く紹介をば。

カヤは狼のラリスを連れています。
ラリスの方は、戦闘力は平凡なライトウォービーストですが、色々と補助的な能力があります。特に重要そうなのはアニムスで、スピリットドア的な瞬間移動。
カヤはウォービースト強化に特化したカンジですね。特に、CTRL内のウォービーストをステルスにする魔法が強そう。
フィートは、ウォービーストがCTRL外でもフォースできるようになり、終了時にカヤの近くにワープさせられる、というもの。
自分の攻撃力もやや上がってますが、相変わらず防御力が低いので、前と同様ヒット&アウェイが基本となるのでは。
ウォービーストをたくさん入れたくなるものの、サークルはウォーロック以外ヒューリーを消す手段がないので、ウォーロックが複数入る1000p以上じゃないと真価を発揮できない気がします。

モルグールはかなり強くなりましたよ。
扇子は武器じゃない。ヒューリーを消費して特殊能力を付加する系で、敵の防御系能力を打ち消したり、ワープしたり、ステルスだったり。なるほど、いい扇子だ。
そして、フィートがCTRL内の的をブラインド。ウォーマシン相手にも効く!w
魔法は、当然夢想転生はないわけですがw、サーンみたいに敵をプレイするやつが熱い。本人だけじゃなくウォービーストにもボーナス。
本人の戦闘力も上がっていて、頑張ればウォージャック以外なら何とかなるかも的な雰囲気を醸し出しています。
エリートカドレがペインギバーなのはご愛敬。

リリスも強くなってますね。
元々ホード界のアリスターだったわけですが、個人戦闘力と補助能力がさらにアップしたカンジ。
森の支配者はリージョン、ブライテッドアーチャー&UAを買え、と読めた。
エリートカドレはストライダーなんですけどね~。

アイアンハイドはあんまり読んでないんですが・・・前に出て殴れ、って書いてあるのかな?w

とりあえずザット戦士の間では、次の機会にモデル代用で試しに使ってみようって話になってます。
トロール、リージョン、サークルは名乗りを上げている人がいるので、モルグールを持っているまるとか卵とかいう名の人も是非参加して欲しいw

とりあえずリージョン準備完了?

リージョン・オブ・エバーブライトのウォービーストを組み立てました。

カニとシュレッダー

デカいのはカーニビアン(リージョン・ヘビーウォービースト)。
メレーアタックが3回あって、ブレスが吐けてアサルトできて、ARMが高くてアニムスでさらに上昇できて、アイレスサイトとオールテレインを持っている、蝶強いウォービーストです。
リージョンで一番なのはもちろん、他のファクションと比べても、かなり上位に位置するんじゃないかと。
クローがないのが欠点ですがw

4体いるちっこいのはシュレッダー(リージョン・レッサーウォービースト)。
パワーアタックのできない小型のビーストですが、戦闘力はかなりのものです。
ヒューリー1点で、移動力+2、地形無視、アタック&ダメージブースト、と効率よく強化できます。
しかもコストが安い。
リージョンでこれ抜きとか考えられない、良ビーストです。

これでリージョンも500pいくように。次は何を買いますかねえ。
とりあえず対戦者募集~。

週末

土曜はCHAOS☆HEIDIの部活。

KTさんがハイエロファントを持ってきていたが、早めに撤収する予定だったので1500pでお相手してもらう。
こちらはデーモン、相手はティラニッドで、リコンγ。
先攻のデーモン、出現ロールで2を不利、後から出すつもりの連中が先に出てくる。今回は急造のロスターで旗を一本しか入れてなく、1ターン目に出てきた連中には旗がない。早くも涙目。
後攻のティラニッドの射撃で、ブラッドレター半壊、ソウルグラインダー大破。やっぱソルグラはクズだな。
2ターン目、半分くらいの戦力が登場。ほとんどの連中がテレインに隠れる。
2裏、デモプリにジーンスティーラーが突っ込んできて、あっさりやられる。追加移動でブラッドレターがロックされる。
3表、全戦力登場。シーカーでハイブタイラントに突撃、あっさり倒す。レンディング強え。マスクでゴーントを引き寄せ、デモネットで突撃、半分倒して継続。ブラレタvsジーンも地味に継続。
3裏、シーカーが射撃で全滅。ジーンスティーラーがブラッドクラッシャーに突撃、全滅。スカルテイカーが合流してたので戦闘続行。デモネットはゴーントを全滅させる。
4表、ブラッドサースターでティラニッドウォーリアに突撃、継続。スカルテイカーと戦ってるジーンに対し、デモネットとマスクで突撃、勝利。
4裏、ブラサスにカニが突撃してくるがノーダメージ、ウォーリアを全滅させる。
5表、テレインに隠れていたヒューリーとホラーが移動開始。デモネットとスカルテイカーでカニ撃破。ブラサスvsカニは継続。
5裏、ジーンスティーラーがブラサスに突っ込んでくる。レンディングは防ぎきったが、なぜか通常攻撃で手痛いダメージを受け、半分未満に。
6表、ブラサスと戦ってるジーンに、スカルテイカー・マスク・デモネットで突撃、撃破。
6裏、敵の射撃で、ブラサス・デモネット・マスクがやられ、終了。
殺した分では負けていたものの、ヒューリーとフレイマーの侵入のおかげで、引き分け。
いやー、良い勝負でした。


日曜はザット会。
当然のようにドラグーン祭りでしたw

1戦目はM-Seyaさんと。
デネグラクライクスvsアリスターきシグナー、500pドミネーション。
ストームランスが厄介そうだったので、ナイトレッチを前に出してクリッピンググラスプをかけておく。他はお互い適度に前進するカンジ。
2表、敵のドラグーンの突撃とストームランスの射撃で、ナイトレッチがやられるのは当然として、主力と考えていたマインドスレイブとリーパーもやられてしまう。早くも投了モード。
こうなったらやるしかない、と分の悪い賭にでる。セファリクスオーバーロードでCMDを下げ、フィートからのダークシダクション。アリスターのCMD6での判定だったが、失敗、ストームランスがこちらのものになる。
俄然やる気の出てきたざんじ軍が攻め始める。相手もフィートを駆使してストームランスに攻撃しまくるが、除去しきれない。
FOCが下がっているのを忘れてフォーカスを使い切ってしまったアリスターに対し、デネグラ突撃からのクリッピンググラスプ。勝利を確信したが、両方アタックロールブーストしたのにハズレ。
アリスターもデネグラに対して魔法や射撃を叩き込むがハズレ、というお互い寒い展開。
結局、兵力で勝るこちらが普通に押し勝ちました。
ストームランス強え。こちらのドラグーンはパッとしなかった・・・。

2戦目、こちらはヘクセリススコーン、相手はかねこさんのダライアス、キングオブザヒル500p。
1ターン目はお互い前進。丘王ということもあって中央でガチの構え。
2表、こちらの大攻勢。ブロンズバックがセンチュリオンを、グラディエイターがストームクラドを、それぞれ破壊。バジリスククレアがアイアンクラドに大ダメージを与える。
2裏、ダライアスのフィートでジャック復活。反撃を食らうが誰も死なない。
3表、センチュリオンとストームクラドを再度破壊。この時点で4-1とリード、勝ちを確信していた。
しかし3裏、ウォーロックの前にいたペインギバーが射撃で全滅、アイアンクラドがフリーストライクを耐えながら歩いてきてヘクセリスに殴りかかってきて、ヘクセリスが殺される。ビーストが全員ワイルドしたので、投了、負け。
あそこから逆転できるとは・・・やっぱこのゲームは面白いなあ。

3戦目、こちらは同じくヘクセリススコーン、相手はThatGuyさんのブッチャーカドーア、キリングフィールド500p。
こちらはビースト中心の編成なので、あまり横に広がれない。1表にドゥームリーバーがおさえに行ったところは無視し、他二カ所を取りに行く。
2裏、アシュレイに2回撃たれて瀕死のブロンズバックがウィドウメイカーに突撃、2体倒してパニックさせる。グラディエイターがデストライヤーに突撃、チェインアタックで投げてブッチャーをノックダウンさせる。
3表、フェンリスの突撃でバジリスクドレイクが死亡。ブッチャーの射撃でブロンズバックが死ぬが、デスマーチでブッチャーを削る。
3裏、アイアンフレッシュなブッチャーに対し、近くのデストロイヤーにパラリティックオーラかけてDEFを下げた後、ヘクセリスのチャージ+魔法とトーテムハンターのチャージで、ブッチャー撲殺。
4ターン目には、向かってきたドゥームリーバーをフィートで片付け、相手投了、勝利。
スコーン、意外にやりおりますな。特にバジリスククレアが熱い。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。